読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOA大学メディア 〜学びを遊びに〜

新しいカタチの心踊る学習体験を提供する「MOA大学」の公式ブログです。

ありのままに生きる ”勅使河原由佳”

 第一期生インタビュー『勅使河原由佳』


【勅使河原由佳(てしがわら ゆか)】
中高一貫の女子校に通い、出会いがない中で彼氏を見つけに予備校に通う。
それからは数々の恋愛を経て、今ではOne to Tenという会社に勤務。
「本音で語る恋愛マガジン」がコンセプトの『Lips』というwebメディアを編集長として運営している。

f:id:moauniversity:20170514200038j:plain

 

 恋愛に悩んでる女の子を助けたい

Q「現在はどんな仕事をされているのですか?」

勅使河原さん:
「Lipsというwebメディアの運営をしています。
ライターさんにお願いするだけでなく、自分でも取材をしたり記事を書いたりしますね。その他にも、メディアの事業以外にもPRとかブランディンの事業の手伝いもしてます。」

Q「メディアはどんなコンセプトで運営されているのですか?」

勅使河原さん:
「恋愛に悩んでる女の子は多い。
彼女たちは、男性の本音が分からなくて悩んでしまうことが多いんですよ。
そこで男性がどう思っているのか等、男性の本音がわかれば悩むこともなくなると考えて『男
の本音がわかるwebマガジン』というコンセプトでスタートしたんです。」

「ただ、男性だけの話を聞いていても『女の人にこうしてほしい』という話が多くて、それでは女の子がその言葉に合わせていくという形になっちゃうと思ったんです。
そこで、男性だけじゃなくて女の子の本音も聞こうということで『本音で語る恋愛マガジン』
というコンセプトに変更しました!」

 占いで死を宣告

f:id:moauniversity:20170514200102j:plain


Q「恋愛のメディアということですが、恋愛には昔から興味があったんですか?」

勅使河原さん:
「はい、昔から好奇心旺盛で恋愛には興味がありました。
ただ中高女子校だったので出会いがなくて、予備校に彼氏を見つけに(笑)」

Q「ちなみに、彼氏は見つかったんですか?」

勅使河原さん:
「はい、捕まえました(笑)」

Q「それから色んな男性と恋愛を?」

勅使河原さん:
「そうですね、大学時代にいっぱい遊びました。
ただ、2年前に占いで『このまま男遊びを続けたら30歳で死ぬ』と言われました(笑)
それからは遊ぶのを辞めましね。」

 女の人にとって本質的な「幸せ」とは

Q「メディアで扱う恋愛のポイントってあるんですか?」 

勅使河原さん:
「例えばお金とか車とかを持ってるハイスペックな男性がいいとか、男を落とす〇〇テクニック
ではなく、もっと本質的に女性にとっての本質的な『幸せ』とは何かということにフォーカス
してます。」

Q「なかなか難しいコンテンツですよね」

勅使河原さん:
「そうですね。ただ、恋愛の話を友達とするの普通に楽しいじゃないですか。
それと同じで『自分の好きなこと』を仕事にしているので辛くはないですね。」 

 自立した人間になりたい、文書を書く仕事をしたい

f:id:moauniversity:20170425175011j:plain


Q「勅使河原さん自身の幸せは?」

勅使河原さん:
「昔は、ハイスベックの男性と結婚するのが幸せだと思ってましたね(笑)
今は、ありのままに生きたいです。昔の彼氏との経験から他の人に合わせて生きていくのは辛いなと分かったので。」

Q「なるほど『ありのままに生きる』ということですが、将来的にはどんなことがしたいですか?」

勅使河原さん:
「まずは、自立して自分の名前で生きていきたいなと考えています。
そう考えて実際に新卒でもベンチャー企業に就職しました。
その会社でも仕事が面白くなくて、もっとチャレンジしたいなと思って転職したので、マイペースにやりたいことをしたいですね。」

「もう一つは、文章を書く仕事がしたいと考えています。」

Q「文章を書くのは昔から好きなんですか?」

勅使河原さん:
「はい。昔から作文とか書いて賞をもらったりして、褒められた経験があるので昔から文章を書
きたいなと考えていました。
他にも、大学生の頃にラジオを企画したりして、自分で何かを表
現するのが好きなんです。」 

f:id:moauniversity:20170425175013j:plain

 同世代にもっとチャレンジしてる友達が欲しい

Q「ご自分の経験を活かしてメディア運営をしてますが、MOA大学に参加した理由は何ですか?」

勅使河原さん:
「周りにいる人はいい人なんですけど固い人が多いんですよね。
だから、同世代で色々なことにチャレンジしてる友達が欲しいなと思ってます。」 

「同世代の友達を作れば、新しく何か始めようと思った時に協力したりできると思うんです。MOA大学でそんな横のつながりを作れたらいいなと考えています。」

  

終始柔らかい雰囲気で、いかにも男性にモテそうな勅使河原さん。
 

そんな勅使河原さんの「ありのままに生きる」という気持ち。
違和感を感じたら会社を飛び出すチャレンジ精神など、これからの活躍が益々楽しみになりました。

そんな勅使河原さんを、今度MOA大学としても応援させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

第1期生エントリーはこちらから↓

f:id:moauniversity:20170514012811p:plain